www.us-real-estate-agents.com
自動車重量税、略して重量税は国産自動車や外国の車という車の国や四輪駆動車、ロールーフ車という車のタイプに関係なく、オペル、等でも通常納税の義務がある税のことをいいます。新車を登録するさいあるいは車検に出す際に支払いが発生する税金なのです。その支払金額は対象となるクルマの車重によって決められています。「自動車重量税」と「自動車税」という二つの税金はまったく異なる税ですので、きちんと理解をして一緒にしないようにしなければなりません。「自動車重量税とは車のウエートによって」「自動車税という税金は排気量によって」税額が違います。それにより引き取りする際の扱われ方変わってきますから注意しなければなりません。車を手放す時には既に支払った自動車の重量税がいくら残っていたとしても、その税額が返還されることはありません。一方で、自動車税の時は、支払った税金を売却額に乗せてくれるといったことがなくはないですが重量税の場合は上乗せになる事例はあまりありません。重量税については売却時に納付済みの額があるからと言って車買い取り店でそれが忖度されることはほとんどないものなのです。ですので次回の支払い分かりやすく言えば車検に出すまで待ってから買い取りを依頼するという手法がベストと思います。中古車の売却の際は戻ってこないのが重量税ですが、特定のケースでは還付していただける可能性があります。これに当てはまるのは、次の車検までの期間が残ったままの愛車を廃車にするケースです。というのは、廃車申請をした場合、残存期間に応じた額が返金されます。ただし、自動車の買取時はその中古車が廃車になるのとは違うので返ってきません。それから所有車の名義変更をしてしまった際や、盗まれた場合も返還してもらうことはできません。自動車重量税の残っている期間がある車を売るということは要は車検期間が残っている中古車ということと同じです。業者も計算に入れますので、重量税の期間が残っていれば、それなりに売却額があがるはずです。当然売却額は買取業者によって異なりますが車検が残っていることを考慮していただければ、クルマの査定額と比べるとそれほど払い損ということもありません。